FC2ブログ

落書き その4


ということで、また落書きを掲載。
ハロウィンが近いので、今回は季節にちなんだ旬な絵を載せたいと思います。






フレディ・クルーガー。


スター13


エルム街の悪夢に出てくる殺人鬼。
眠っている人の夢に現れて、鉄の鉤爪で襲ってくる危ない奴。
人の恐怖を源にしているらしく、狙ったターゲットはすぐに殺さず、じわじわといたぶるサディストでも有名。
子供が好きで、特に小さな少女が大好き。
彼がそういう歪んだ性格に至った背景には色々あり、
父親が犯罪者であったことから周囲から迫害を受けていたことや、母の再婚相手から虐待を受けていたためと言われる。

元は連続児童殺害事件の容疑者だったが、裁判における精神鑑定の結果として無罪放免となったため、納得のいかない遺族達により住処ごと焼き殺されてしまう。
その時、3匹の悪魔により怪物として復活した。


ハロウィンにこいつを解き放つというのは少々危険なので、もう一人対抗的な怪物も召喚。


子供の味方、ジェイソン・ボーヒーズ!

ジェイソン

13日の金曜日で有名な怪物。
ジェイソンと聞くと殺人鬼というイメージが強いけど、実は彼には子供は殺さないという独自のルールがあります。
そもそも、彼の目的は自分たち親子を苦しめた相手への復讐であって、フレディのような異常快楽犯ではない。
劇中においても遭遇した相手を殺さない場合も結構あって、基本的には無関係な人間を必要以上に追いかけるということはしないようです。
(シリーズによっては例外はあるかもしれませんけど・・・。)
彼もまたフレディ同様可哀想な経歴の持ち主で、子供の時に奇形児で産まれてしまったために迫害され、殺されかけるという悲しい過去を持っている。
この時のショックで記憶喪失になり以後は野生化し、母親の死をきっかけに怪物化していく。

どのような理由であれ殺人が肯定されることはありませんが、こういう動機とか理由付けがきちんと書かれている作品は割と好きですね。
少し前に流行ったゾンビ物とかは誕生の仕方があまりにお粗末で・・・、こういう怖いだけでなくどこか人間的で悲壮感のある怪物が出てくるホラーの方がしっくりきます。

スポンサーサイト

Category : 落書き
Posted by 二次元 on  | 0 comments  0 trackback

落書き その3

前回に引き続いて模写絵を紹介。
短い時間で仕上げているので雑ですが、とりあえず掲載しておきます^^;

どろ35


スター3

スター5

(デジタル画はアナログ画のようにボカシが出来ないのが残念・・・。)

スター6


ほとんど、ただの写実画ですね・・・^^;
最近洋画を見ることにハマっていて暇があれば海外の俳優・女優等を模写しています。
映画のカメラワークってゲームやイラストにも使える部分が多くて結構参考になるんですよ。
今までは基本の立ち絵のみしか描いてきませんでしたが、ゲームに深みを持たせるためにイラストの方も勉強しています。(我流ですが^^;)

スター10


昔は”人物を正確に描く”ということに拘っていましたが・・・、この頃は空間(画面構成)を意識しながら描くようになりました。
その方が全体をバランスよく描き込めるし、伝えたい状況を正確に伝えやすいですので。
時間をかけさえすればいくらでもクオリティはあげられるんですけど、さすがにゲームのイラストに何か月もかけられませんからね・・・。^^;
なるべく人物の魅力を引き出せる”見せ方”を拘ろうと思っています。

ゲームのキャラ制作は、現在参考に出来る人物を探しながらバランスを調整している最中です。
そろそろ5周年記念絵と年賀イラストの方も考えなくてはいけない時期なので、それらを合わせながら徐々に仕上げていこうと思います。

Category : 落書き
Posted by 二次元 on  | 4 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。